ポンツーンってどんなゲーム?ルールや用語・ゲームの流れを徹底解説!

トップ » ゲーム » ポンツーンってどんなゲーム?ルールや用語・ゲームの流れを徹底解説!

ポンツーンとは、イギリス版ブラックジャックと呼ばれているゲーム。プレイヤーとディーラー1対1で勝負し、より21に近づけた方が勝ちです。

ブラックジャックと似ていますが、用語や配当が少し違います。 ブラックジャックを普段から遊んでいる人なら、すぐに覚えられることばかり。

今回はポンツーンがどんなゲームなのか、ルールや用語などを詳しく解説していきます!

ポンツーンとは?

ポンツーン

ポンツーンはディーラーとプレイヤーが1対1で勝負するトランプゲームになります。 最初にカードが2枚ずつ配られ、合計点数が21を超えずに、より21に近い方が勝ちというルールです。

10、J、Q、Kは全て10点として計算し、Aは1点か11点と計算します。ここまではブラックジャックと同じですね。

ブラックジャックとの違いは、アクションの用語が違うのと、配当の違い。

そしてディーラーカードは2枚とも伏せてあること。ディーラーのカードに対してアクションを考えることができません。

ブラックジャックとの違いは、この後詳しく解説していきます。

ポンツーンとブラックジャックの違いは?

ポンツーン

さて、上記ではポンツーンの基本的なルールをご紹介致しました。

数字だけ見ますとブラックジャックと似ていますが、細かなところのルールが異なりますので、ここではその違いを見ていきましょう。

  • アクション用語や言葉が違う
  • ディーラーのハンド、アクションが異なる
  • プレイヤーは15未満だと必ずカードを引く必要がある
  • インシュランスが使えない
  • ベーシックストラテジーが使えない
  • 合計点数が同じの場合ディーラーの勝利

アクション用語や言葉が違う

ブラックジャックと同じアクションであっても、ポンツーンでは用語が違いますのでここで確認していきましょう。

ポンツーン用語

ブラックジャック用語

意味

ツイスト

ヒット

追加でカードを引く

スティック

ステイ

カードを追加で引かず勝負する

バイ

ダブルダウン

賭け金を倍にして、後1枚のみ引いて勝負する

ポンツーン

ブラックジャック

初期のカードがA+絵札の形で21になる

最初は慣れないかと思いますが、ゲームで遊んでいくうちに自然と覚えられますのでご安心下さい。

ディーラーのハンド、アクションが異なる

ブラックジャックではディーラーに配られた2枚のカードのうち、1枚が表向きになっています。

しかし、ポンツーンでは2枚とも裏向きになっているのです。 この状態から次のアクションを選択しなくてはいけないため、ブラックジャックよりも予想が難しくなります。

また、ディーラーはA+6の組み合わせだった場合、必ずツイストしなくてはいけないというルールがありますので、覚えておきましょう。

プレイヤーは15未満だと必ずカードを引く必要がある

ブラックジャックでは、プレイヤーのカードが何点であってもカードを引くことを止められます。

ディーラーのアップカードが弱ければ、無理してカードを引く必要はありません。 しかし、ポンツーンは15未満だと必ずカードを引く必要があります。

インシュランスが使えない

ブラックジャックではディーラーのアップカードがAだった場合、インシュアランスを賭けることができます。

ポンツーンの場合、インシュアランスは使えません。ディーラーがポンツーンだった場合、強制的にプレイヤーは負けが確定します。

ベーシックストラテジーが使えない

ブラックジャックで勝つために、ベーシックストラテジーを覚えている人も多いでしょう。

しかし、それはディーラーのアップカードが見えているから使える方法。 ディーラーのカードが2枚とも伏せているポンツーンでは、ベーシックストラテジーは役に立ちません。

合計点数が同じの場合ディーラーの勝利

ブラックジャックでは、ディーラーとプレイヤーの点数が同点だった場合、引き分けになります。

配当もなければ回収もありません。 ポンツーンでは、ディーラーとプレイヤーの点数が同点だった場合、ディーラーの勝ちになります。

ポンツーンの配当は?

ポンツーンには3つの配当パターンがあります。

配当

内容

2倍

ディーラーの手札より21に近いか、ディーラーがバストする

2.5倍

最初の2枚で手札がポンツーンになる(21になる)

2.5倍

5枚のカードを揃えても合計が21以下になる

こうやって見ますと配当までブラックジャックと似ていますが、大きく異なるのが3つ目です。

5枚のカードで21以下になる役のことを「ファイブカードトリック」と言い、ディーラーの手札がポンツーンだった場合を除きどの合計値でも勝利となります。

これによって手札が弱かった場合でも強気で攻めることができますので、ファイブカードトリックの存在がポンツーンをさらに面白くしていると言えますね。

ポンツーンの遊び方は?ゲームの流れやルールをご紹介

ポンツーン

ここでは実際にポンツーンのゲームの流れをご紹介していきます。

  1. 任意のチップを賭ける
  2. ディーラーとプレイヤーにカードが2枚ずつ配布される
  3. プレイヤーは手札を元に次のアクションを決める
  4. ディーラーの手札が表になり勝敗が決定

①任意のチップを賭ける

まずはじめに、任意の金額分のチップをベットエリアに置きましょう。

基本マナーとして、一度置いたチップは取り戻せないのでご注意下さい。

②ディーラーとプレイヤーにカードが2枚ずつ配布される

チップをベットした後は、ディーラーとプレイヤーにカードが2枚ずつ配布されます。この時ディーラーのカードは2枚とも裏面です。

この時点でディーラー、プレイヤーどちらかにポンツーン(A+10の合計21)が出た場合はポンツーンを出した方の勝利となります。

もし両者ともポンツーンが出た場合はディーラーの勝利となってしまいますので、ご注意下さい。

③プレイヤーは手札を元に次のアクションを決める

ポンツーンが両者とも出なかった場合は、次のステップに進みます。

ディーラーの手札は見えませんので、手札のカードを元にアクションを決めていく形です。 ここでプレイヤーには4つの選択肢があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

選択肢1|スティック

スティックはブラックジャックで言うところのスタンドで、カードを追加で引かず今の手札で勝負するアクションです。

最初に配られた2枚の合計が15以上で、21に近い場合はスティックが良いでしょう。

選択肢2|ツイスト

ツイストは、ブラックジャックで言うところのヒットで追加でカードを1枚引くことを意味します。

ここで注意すべきポイントは、バストする確率が高いかどうかをしっかり検討するということです。

手札の合計数値や場に絵柄が多く出ているかどうか等、あらゆる要素を考慮してからツイストするようにしましょう。

選択肢3|バイ

バイは、ブラックジャックで言うところのダブルダウンを意味します。つまり、カードを追加で1枚のみ引くことを決めて、初期のベット金額と同額を追加で賭ける形です。

基本的に頻繁にバイをするよりかは、ここぞという勝負どころでバイをすると良いでしょう。

選択肢4|スプリット

スプリットはポンツーンもブラックジャックも同じ用語となり、配布された2枚のカードが同じ数字だったら手札を2つに分けて、同額を追加で増やした手札にもベットするアクションです。

スプリットした手札にまた同じ数字が来た場合は、さらにスプリットを行うことができます。

④ディーラーの手札が表になり勝敗が決定

最後のステップとして、ディーラーのカードが表向きにされて勝敗が決定します。

以上4ステップを繰り返す形でポンツーンは進行されていきますので、ぜひ覚えておきましょう。

ポンツーンの還元率は良い?悪い?

ポンツーン

さて、ギャンブルで遊ぶ際に必ず把握しておきたいポイントが還元率です。還元率とは、どれぐらいプレイヤーにお金が還元されるかの割合を示した数値になります。

例えば還元率80%のゲームに1万円を賭けた場合、8,000円のリターンが期待できるということです。つまり、この還元率が高いほど勝ちやすくなるということが言えます。

気になるポンツーンの還元率は約99.60%と、数あるギャンブルの中でも高く設定されているのです。 参考までに、日本で遊べるギャンブルのパチンコ・スロットは約80%、競馬は約75%とされています。

ポンツーンで使える攻略法・必勝法は?

ポンツーン

この項目ではポンツーンで利用できる攻略法、必勝法をご紹介していきます。

  • マーチンゲール法
  • グッドマン法
  • 次に来るカードは常に10だと仮定する

マーチンゲール法

マーチンゲール法は世界的に有名な攻略法ですので、すでにご存知の方もいらっしゃることでしょう。手法はとてもシンプルですので、初心者の方でも実践しやすいことが特徴です。

マーチンゲール法は配当2倍勝率50%の項目で利用でき、さらに負けた場合に使い始めることができます。

ゲームで負けたら、「前回のベット金額×2倍=次のベット金額」を勝つまで繰り返すのです。

そしてどんなに連敗した場合も、勝った瞬間に負け分を取り返し利益に持っていけるため、理論上は無敵の必勝法とも呼ばれています。

しかし現実では資金に限りがありますし、テーブルにもベット上限がありますのでやめ時を決めておかないと一瞬で破産してしまうデメリットがあるのです。

ですので、マーチンゲール法を利用する場合は「5連敗したらリセットする」といった感じでルールを決めておきましょう。下記シミュレーションになります。

ベット回数

ベット金額

勝敗

収支

合計収支

1

1ドル

負け

-1ドル

-1ドル

2

2ドル

負け

-2ドル

-3ドル

3

4ドル

負け

-4ドル

-7ドル

4

8ドル

負け

-8ドル

-15ドル

5

16ドル

勝ち

+16ドル

+1ドル

グッドマン法

グッドマン法は上記のマーチンゲール法ほど有名ではないため、初めて名前を聞く方も多いでしょう。

この攻略法は獲得した利益を残しながらも勝負していく、そんなスタイルとなっています。ですので「1発を狙わずにコツコツ利益を積んでいきたい」という方におすすめです。

手法自体も難しくなく、使えるゲームは配当2倍勝率50%の項目になります。グッドマン法は別名「1235法」と呼ばれていますが、この数字が手法そのものです。

負けるまで「1、2、3、5」の順にベットしていき、負けたらまた1からスタートしていくのがグッドマン法になります。 「5」で勝利したら負けるまで「5」 を賭け続ける形です。

下記シミュレーションを作ってみました。

ベット回数

ベット金額

勝敗

収支

合計収支

1

1ドル

勝ち

+1ドル

+1ドル

2

2ドル

勝ち

+2ドル

+3ドル

3

3ドル

負け

-3ドル

±0ドル

4

1ドル

勝ち

+1ドル

+1ドル

5

2ドル

勝ち

+2ドル

+3ドル

次に来るカードは常に10だと仮定する

こちらは具体的な攻略法・必勝法というよりも大前提としての考え方です。ポンツーンはブラックジャックと同じで「10」になるカードが多く存在します。

そのため、基本的に次のカードは「10」が来る確率が高いという見方をするようにしましょう。

この考え方がないとバストをしてしまうリスクが高まりますので、要注意です。

ツイスト後に手札の合計が11〜13だったらファイブカードもあり

ポンツーンで2.5倍の高額配当がつくファイブカードですが、ツイスト後に手札の合計が11〜13だった場合は非常に狙いやすくなります。

ファイブカードは弱い手札から一転し、大役に変化されることができる魅力的なシステムです。ですので、ぜひこの存在を念頭に置いておきましょう。

ポンツーンの練習はオンラインカジノがおすすめ!

ポンツーン

今回ご紹介してきたポンツーンですが、2020年5月時点で日本にカジノが存在しないため、実際に遊べる場所がかなり限られてしまいます。

日本の近隣国でカジノがある韓国でも、気軽に行ける距離ではありません。そこでおすすめなのがオンラインカジノです。

オンラインカジノではポンツーンをはじめ、本格的なカジノゲームを無料、もしくは現金を賭けて遊ぶことができます。

パソコンやスマホがあれば手軽に遊べますので、ぜひ一度チェックしてみて下さい。

おすすめのオンラインカジノ
ラッキーニッキー
Lucky Niki
おすすめ度
5.0 rating
ラッキーニッキー
最高999ドルの100%マッチボーナスが初回にもらえる!
ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating
ベラジョン
無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating
カジノシークレット
入金だけで最大470ドルの
キャッシュバックがもらえる!
エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating
エンパイアカジノ
最大77ドルの100%初回入金ボーナスが
もらえるチャンスは今だけ!
オンラインカジノおすすめランキング
カジノ
4.3 rating
サイトの作りや、24時間対応の日本語サポートで日本人が遊びやすいオンラインカジノ。ユニークでお得な独自のプロモーションも人気
4.3 rating
欧州発のオンラインカジノとスポーツベット両方を楽しめるサイト。採用しているゲームプロバイダは20社以上でゲーム数が豊富
5.0 rating
出金スピードが最速であると定評があり、ライブカジノに特に力をいれているカジノサイト
4.0 rating
PC・スマホの両方からリアルマネーを賭けた麻雀が遊べるサイト。毎週様々な熱いトーナメントを開催しています
4.0 rating
2014年に開設され、日本人にはあまり馴染みが浅いが長期間の豪華賞品獲得チャンスがあるカジノサイト
4.5 rating
オンラインカジノ初のRPG要素を取り入れ、自分のアバターで冒険しながらギャンブルをすることができる斬新的なカジノサイト。
オンラインカジノおすすめランキング
CASINO LOBBY(カジノロビー)
©️ Copyright 2020 CASINO LOBBY