ポーカーの様々な確率を表で解説!計算方法や儲けるためのポイントも

トップ » 実践編 » ポーカーの様々な確率を表で解説!計算方法や儲けるためのポイントも

トランプを用いるカードゲームの中でも最もポピュラーともいえるポーカー。各競技独自の役を除けば、その役は10種類になります。

52枚からたった5枚だけを選び役をそろえるこのゲームは、それぞれの役が揃う確率を覚えていれば勝率は格段に上がります。そこで今回は、ポーカーの役を式を用いて誰でも理解できる様に分かりやすく解説していきます。

ポーカーの役ごとの確率

先ほど記述した通り、ポーカーには10種類の役があるので強い順に紹介します。

  • ロイヤルストレートフラッシュ
  • ストレートフラッシュ
  • フォーカード
  • フルハウス
  • フラッシュ
  • ストレート
  • スリーカード
  • ツーペア
  • ワンペア
  • ノーペア(ハイカード)

となっています。それでは、ロイヤルストレートフラッシュから順に確率を見ていきましょう!

役の計算方法

その前に、どうやって計算するのかをざっくりと解説します。

高校レベルの数学知識なので、ちょっと難しいですが知らなくてもぶっちゃけ問題ありません。単純にどうやって計算したのかを解説するだけなので気になる方以外は飛ばしちゃって結構です。

まず、使う計算方法は数字関数、別名コンビネーションと呼ばれる計算です。

簡単に解説してしまえば“重複しない組み合わせ”を計算できる方法、つまり順番を問わない組み合わせのことです。順番まで計算すると2億以上の組み合わせになってしまい面倒ですし、役が揃う組み合わせを考えると数字関数が適切です。

では役の確率を計算する前に、トランプの組み合わせを計算してみましょう。

という計算結果になりました。要するにトランプの組み合わせは259万8960通りあると言うことです。(ココだけ覚えていれば良いです)

また、今回は初手で揃う確率を計算しています、ご了承ください。

役ごとの確率一覧表

組み合わせ

確率

ロイヤルフラッシュ

4通り

0.000154%

ストレートフラッシュ

36通り

0.00139%

フォーカード

624通り

0.024%

フルハウス

3744通り

0.144%

フラッシュ

5148通り

0.198%

ストレート

10200通り

0.392%

スリーカード

54912通り

2.11%

ツーペア

123552通り

4.75%

ワンペア

1098240通り

42.3%

ハイカード(ノーペア)

1302540通り

50.1%


見ての通りロイヤルフラッシュは揃う確率が低く貴重な手札になります。役の揃う確率が低いほど勝機が来ている証拠です。ポーカーは、手札の交換が可能なので、自分の手札をいかに確率が低い役にするのかが重要になります。

52枚のカードを5枚とってできる役は10通りの役ができます。先ほど計算方法を紹介しましたが、この計算方法で役がそろう確率は上記の表のようになります。

どの役がそろっているかによって、目指す役が変わってくることが分かります。最初がスリーカード以上であればフルハウスを目指すことができます。同じマークが3枚以上であればフラッシュが狙えます。連番が3枚以上であればストレートを目指すのがおすすめです。

ロイヤルフラッシュがそろう確率は、約65万回に1回という奇跡的な数字になっています。パーセンテージで表すと、約0.00015%となります。揃えば確実に勝利することができますが、追いかけすぎても他の役も揃わないという事態になってしまうので注意が必要です。

確実に儲けるためにも、自分の手札の役と目指す役をきちんと把握することが重要です。下記では、役ごとの詳細な確率を開設していきます。

ロイヤルフラッシュが揃う確率

ポーカーで一番揃えたい役といえばやはりロイヤルフラッシュ!ロイヤルストレートフラッシュとも呼びますね。

役となる条件は『スペード』『ダイヤ』『クラブ』『ハート』の4種類の中から10、J、Q、K、Aの連続した数字を揃わせること。つまり、組み合わせは4通りです。

ロイヤルフラッシュ

よく0.0015%と間違われますが、それは次の項目で紹介するストレートフラッシュとロイヤルフラッシュの確率を合わせたもののことです。しかし、100万分の1・・・当たったら奇跡ですね。因みに、サマージャンボ1等が1000万分の1の確率だそうですよ!

ストレートフラッシュが揃う確率

さて、こちらがストレートフラッシュ、ロイヤルフラッシュの下位互換ですね。

役となる条件は『スペード』『ダイヤ』『クラブ』『ハート』の4種類の中から連続した数字を揃わせること。組み合わせは40通りありますが、ここからロイヤルフラッシュの4通りを除いた36通りが正式な組み合わせです。

ストレートフラッシュ

という計算結果になります。10万分の1、これでも随分な確率ですね・・・。因みに、日本人の平均頭髪数が10万本らしいので、どれか1本だけ狙って引っこ抜く確率と同じです!

フォーカードが揃う確率

続いてフォーカード、同じ数字の並びの中では最上位に位置する役です。

役となる条件は同じ数字のカードが4つ揃うこと。組み合わせは624通りあります。

フォーカード1万分の2とここから少しずつ現実的な確率になってきます。因みに、四葉のクローバーが見つかる確率が1万分の1らしいですよ!

フルハウスが揃う確率

さて、お次はフルハウス、初手でスリーカードが来たら狙える役です。

役となる条件は同じ数字のカード3枚と、別の同じ数字2枚が揃うこと、分かりやすく言えばスリーカードとワンペアが合わされば出来上がります。組み合わせは3,744通りです。

フルハウス

1000分の1ですね。因みに、コインを10回投げて全部表になる確率が1024分の1です!より数字にも現実味が出てきたのではないでしょうか。

フラッシュが揃う確率

お次はフラッシュ、実質ここら辺から勝負所になってくるあたりです。

役となる条件は『スペード』『ダイヤ』『クラブ』『ハート』の4種類のうち、同じスート5枚揃うこと。この役に連続した数字が揃うとストレートフラッシュになります。組み合わせは5,148通りです。

フラッシュ

約0.2%ですね。一見フルハウスとさほど変わりませんが、この数%が地味に響いてくるのです。

ストレートが揃う確率

どんどんいきましょう、次はストレートです。

役となる条件は連続した数字が5枚揃うことです。この役に同じスートが揃うとストレートフラッシュになります。組み合わせは10,200通りです。

ストレート

約0.4%なので、フラッシュの倍近く揃う確率が増えます。しかし、それでも1%も行かないんですね・・・。

スリーカードが揃う確率

あと少しです!お次は割と見かけるスリーカード。

役となる条件は同じ数字のカードは3枚揃うこと。組み合わせはどどんと増えて54,912通りです。

スリーカード

ようやく2%に。ポーカーはゲームスピードが早いので気がつかない間に100回程度プレイしていることもしばしばあります。そのため、役としてはよく見かけるのかもしれません。

ツーペアが揃う確率

あと3つです!次はメジャーなツーペア。

役となる条件は同じ数字のカードが2組み揃うこと。組み合わせは123,552通りです。

ツーペア

さすがツーペア、ようやく5%近くに・・・。しかし、まだいままでの確率を足しても10%にもなりません。

ワンペアが揃う確率

あと2つ!次はカス当たりのワンペア。

役となる条件は同じ数字のカードが2枚揃うこと。組み合わせは1098240通りです。もはやぱっと見では分からない・・・。

ワンペア

一気に確率が増えました、ポーカーを実際にプレイしたことがある人であればわかると思いますが、ワンペアはよく見かける役の一つです。

ですが、確率で言えばまだ半分にもなっていません。

ハイカード(ノーペア)が揃う確率

これが最後です、ハイカード!

役となる条件はいままでの役が揃わないことです。条件って言えるのでしょうか?組み合わせは1,302,540通りです。

ハイカード

なんと半分は役が揃わないという結果に・・・。つまり、大抵はノーペアから役が揃いそうな組み合わせを模索して交換するのが基本戦術になっていきます。

ポーカーの確率をまとめた表

今回の役の確率をまとめたものがこちら

組み合わせ

確率

ロイヤルフラッシュ

4通り

0.000154%

ストレートフラッシュ

36通り

0.00139%

フォーカード

624通り

0.024%

フルハウス

3744通り

0.144%

フラッシュ

5148通り

0.198%

ストレート

10200通り

0.392%

スリーカード

54912通り

2.11%

ツーペア

123552通り

4.75%

ワンペア

1098240通り

42.3%

ハイカード(ノーペア)

1302540通り

50.1%

ポーカーの確率を計算するアプリはあるのか

ポーカーの役が揃う計算アプリは探してみましたが見当たりませんでした。というのも、ギャンブルの場でポーカーと言ったらテキサスホールデムが主流なため、ポーカー=テキサスホールデムという認識になっている様です。

ですので、確率が知りたい時は上記の表を参考にしてみてください!

ポーカーで儲けるためのポイント

さて、ここからは対人戦を想定したポーカーで勝てるアドバイスを3つほどご紹介していきます。

小役でも弱腰にならない

さて、先ほどの確率を見てどう思いましたか?「役が揃う確率が少なくて勝てる気がしない・・・」そう思ったのなら貴方はまだ初心者です。

当たり前ですが、役が揃う確率が低いのは相手も同じ、ぶっちゃけポーカーの世界ではツーペア以上であれば勝てる確率は高く、さらに10以上の数字ならほぼほぼ勝てます。

フラッシュやフルハウスなどの大役を狙うよりも確実な子役の方が結果的に勝ちやすくなるのです。

相手の心理を見抜き、ブラフを使う

ポーカーは運だけではなく、高度な心理戦でもあります。相手の癖や表情、ベット額から言動まで全てを観察し、相手の出方を伺うのがポーカーの真の醍醐味。

相手次第ではありますが、ブラフを使えば弱い手札でも相手を落とすことも十分に可能なのがポーカーです。一方で、ブラフに頼りすぎると、嘘がばれたり視野が狭くなってしまうので使い過ぎには注意です。

負けてもイライラしない

これは対人戦でも一人プレイでもそうですが、負けてもイライラしないのがまず第一です。

先ほども記述した通り、ポーカーは心理戦が命、感情に任せると相手の思う壺です。一人プレイ時でも冷静な判断ができないまま、例えば初手が強くなる可能性があるノーペアだったのに5枚全部交換なんかしてしまうことも考えられます。

常に冷静に、これがポーカーの根本です。

おすすめのオンラインカジノ
ラッキーニッキー
Lucky Niki
おすすめ度
5.0 rating
ラッキーニッキー
最高999ドルの100%マッチボーナスが初回にもらえる!
ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating
ベラジョン
無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating
カジノシークレット
入金だけで最大470ドルの
キャッシュバックがもらえる!
エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating
エンパイアカジノ
最大77ドルの100%初回入金ボーナスが
もらえるチャンスは今だけ!
オンラインカジノおすすめランキング
カジノ
4.8 rating
2019年にオープンしたばかりの新しいサイト。大人気女優の明日花キララがアンバサダーを務めるオンラインカジノ
3.5 rating
日本語に対応しているブックメーカーサイト、ピナクル。1998年にサービスが開始し、今では200カ国以上で遊ばれる人気ブックメーカー
4.5 rating
ライブカジノが圧倒的に充実しており、ボーナスも豪華で日本人プレイヤーから大人気のオンラインカジノ
4.8 rating
デジタル通貨であるビットコインを中心に展開しているカジノサイト。わずらわしさを省き快適にプレイが可能
4.3 rating
サイトの作りや、24時間対応の日本語サポートで日本人が遊びやすいオンラインカジノ。ユニークでお得な独自のプロモーションも人気
4.3 rating
欧州発のオンラインカジノとスポーツベット両方を楽しめるサイト。採用しているゲームプロバイダは20社以上でゲーム数が豊富
CASINO LOBBY(カジノロビー)
©️ Copyright 2020 CASINO LOBBY
オンラインカジノランキングバナー